エネルギー:環境ウェブノート

NOTE:エネルギー

環境ウェブノートのエネルギーノートに含まれるサイト・ブログのリストを収録中です。以下のサイト名と概要はエネルギー関連サイトです。

環境ウェブの目録(エネルギー)
エネルギーのノート紹介
日本は、オイルショック以来のエネルギー問題に直面しています。2011年3月11日に発生した東日本大震災。その地震と津波の影響でレベル7の原子力事故が福島第1原発で起きてしまいました。関東圏では電力供給力に問題が生じ、計画停電を行なうことになったのは記憶に新しいところです。原子力災害の怖いところは、過酷事故が発生してしまうと長期間にわたり対応しなければいけない事と、放射性物質が飛散・落下・沈着することによる国土の汚染が起きる事です。これらの事象を目の当たりにし、日本では原子力に頼らないエネルギー戦略が求められています。しかし、エネルギー問題は国家レベルで長期の移行期間が必要であり、すぐに脱原発をするのにはなかなか大変です。仮に大きな地震や津波が発生すると、他の原発でも原子力事故が起きる可能性はないとは言えず、国民を二分するようなジレンマに陥っています。これらの現状を認識しつつも、止まるわけには行かないのが国家運営だと思います。すでに他のエネルギー資源の開発に着手しています。たとえば、太陽光発電、風力発電、地熱発電などです。個人的には、地熱と洋上風力に期待しています。太陽光発電は、自然エネルギーへの注目度を上げたり、国民意識を変化させる点では大きなメリットだと思いますが、元気玉のような微々たる電力の積み重ねが課題だと考えます。それよりは、地熱と洋上風力に資金を集中させ、法改正も含めて一気に展開できないものかと考える毎日です。地熱発電での問題は温泉への影響ですが、原子力でも漁業補償はありました。問題が発生した場合には補償すれば済む話だと思います。補償額を抑えるため、マイナーな場所を選ぶことも重要でしょう。大事な事は、タブーに触れないのではなく、提案して合意するまでのプロセスとそのスピード感です。
環境ノート